結婚をする年齢層というのは時代の変化に伴い変わりつつあります。

昭和の初期には20歳そこそこでの結婚は当たり前でしたが、近代社会になるにつれて晩婚化の傾向があります。女性の社会進出もあり、結婚を意識する年齢層が高くなってきているのが理由の一つであると言えるでしょう。

それに伴い地域社会の結婚へのサポートは以前に比べて弱まっている傾向にあります。



勿論結婚に関する意識は人それぞれであり、早い人では20代での結婚も珍しくありません。

しかし現代の婚活と呼ばれている活動を積極的に行っているそうは20代の後半から30代であるというのが一般的な見方であると言えるでしょう。
男女ともに30歳が近づいてくると結婚を意識するようになり、積極的な活動を行う傾向があります。



特に身体的な事情がある女性の活動力は非常に高く、婚活のために費やすエネルギーは非常に高いと言えます。
婚活はいわゆる合コンと呼ばれる個人レベルでの活動もありますが、お見合いパーティーの様な結婚を意識した人が集まる場を提供する業者のサービスも活用されています。あるいは結婚相談所、結婚情報サービスと言った出会いのチャンスを広げるためのサービスも盛んに活用しています。
この様な場は結婚できない人が利用するというイメージがありますが、現実にはより多くの出会いの場を求めて利用している人が多く、受け身ではない積極的な活動が盛んに行われる場として広く活用されています。