介護保険制度に対応している請求書ソフトの魅力

main-img

高齢者人口が増え続ける状況の日本においては、ますます深刻化している高齢者の介護問題に対応すべく平成12年4月に介護保険法が施行されました。
40歳以上になると保険料の支払い義務は発生しますが、65歳以上になって(特定疾患の場合は45歳以上から)介護が必要な状況になれば、保険サービスをわずか1割〜2割の自己負担金で利用できるのです。
介護保険制度が始まり15年以上が経過しました。
高齢者のニーズや社会状況も変化し続ける中で保険制度も数年ごとに大幅な見直しが行われています。

介護保険の請求書ソフト関する情報選びの耳よりな情報を公開しています。

その都度新しい事業形態が生まれたり、サービス提供事業所の収入の大半を占める介護報酬の単位数が変更になったりと、目まぐるしい動きがあります。

請求書ソフトは介護保険制度の変更に対しても迅速に対応できる大きなメリットがあります。

請求書ソフトの役割は大きく分けて二つあります。

一つは実際に提供されたサービスに対して保険から支払われる報酬を一カ月分まとめて毎月締め切り日迄に国民健康保険連合に請求データを送ります。


事業所から送られるこの実績データとサービスをプランニングしたケアマネの給付管理とが突合されて、支払いが決定されます。

どの事業所もこの報酬に事業所の収入の大半を依存している為に確実にミスなく請求する必要があります。
請求ソフトを使用すれば漏れなく効率よく請求が出来るのです。

YOMIURI ONLINEの情報検索ができます。

請求書ソフトのもう一つの役割は、利用者への請求書データを作成する事です。

介護報酬で請求されたデータと利用者自身に請求する自己負担金は連動しており、一度の作業で同時にこれら二つを処理する事が出来ます。

また、食事代やレクレーション費などその他の実費請求なども併せて利用料は請求されるために、ソフトで基本的なフォーマットを作成しておけば、実績から効率よく請求書を作成できるのです。



意外な事実

subpage1

個人が利用した介護保険の利用者負担部分は、従来は1割負担でしたが徐々に2割などへの負担の引き上げが行われる予定です。このとき、請求書ソフトの利用を行って利用者に対する請求書を作成したりしますが、その利用者負担部分の請求と領収は確実になされるようにしなければいけません。...

more

企業のテクニック

subpage2

介護施設の収入は介護保険の請求で成り立っています。この保険料の請求業務は、入力ミスなどがあると国民保険協会から返戻があるため正確な作業が必要です。...

more

耳より情報

subpage3

公的介護保険制度は、利用者が一定の利用料の支払いを行うようにされていて、その請求に関しては請求書の作成などで請求書ソフトの利用を行うところが多いです。手書きで作成をするところがない訳ではありませんが、そうした事業所の大半は中小零細事業所であり、利用者の数が少ないところが大半です。...

more

企業の秘密

subpage4

日本の介護事業を支えていると言っても過言ではないのが、公的介護保険です。これは40歳以上の人は、原則、加入する必要があります。...

more